グリッドトレード.com

自作ツールの紹介

新サイト立ち上げと共にEAの販売再開と自作ツールの公開を再開しました。
ということで、自作ツールの紹介です。
紹介するツールは以下の3つで上の2つは無料公開中です。
3つ目はまだ公開していませんが将来無料で公開予定です。

  1. ポジションサマリ情報を表示するViewPosiionInfoCustom
  2. 成績情報を表示するDashBoard
  3. 注文・決済情報をメール通知するSendMailOrderInfoPlus

 

チャートの1枚目は口座全体の状況を把握に使用
tool-introduction01
1枚目のチャートにポジションサマリ表示ツールであるViewPositionInfoCustomを展開します。
どの通貨ペアをどれだけ保有し、平均建値がどうなっているか・・・といった情報がサブウィンドウに表示され、
現在のポジション保有状況がどうなっているか一目で分かるようになります。
ナンピン,マーチン系など同一通貨ペアで複数のポジションを抱えるEAを運用している方には特に必須のツールかと思います。

続いて同じチャートに成績可視化ツールのDashBoardを展開します。
ここではマジックナンバーを指定せず通貨ペアもALLで指定します。
そうすると口座全体での損益や勝率,平均利益・平均損失,PF・DDなどの運用成績を把握することができます。
成績算出するための期間やトレード数はお好みで設定してください。

 

チャートの2枚目以降はEA稼働 及び EA成績把握

tool-introduction02
チャート2枚目以降はEAを稼働させ、そのEAの運用成績を見えるようにします。
まずは稼働させるEAを展開します。
マジックナンバーの値を確認しておいてください(複数マジックナンバーを使用するEAの場合、すべての値を控えます)

続いて同じチャートに成績可視化のDashBoardを展開します。
ここでは先に確認したマジックナンバーを指定します。
複数のマジックナンバーを使うEAの場合は、カンマ区切り 範囲していの場合はハイフンでFROM TOをつなぎます。
通貨ペアは通常は空白です(複数通貨ペアのトレードを行うEAなら ALLを指定します)。
期間や成績算出するためのトレード数はお好みで設定してください。
これで、稼働させているEAの運用成績を定量把握できるようになります。

ここから先はEAにメール通知機能が内包されている場合は不要です。
同じチャートにメール通知ツール SendMailOrderInfoPlusを展開します。
これで注文・決済の情報がメール通知されるようになります。
このツールはDashBoardを内部インディケータとして利用していますので
ポジションが決済された場合には成績情報も付加して送ることができます。
成績の落ち込みなどをリアルタイムで検知することができます。

EAにメール通知機能が内包されていても内容が簡素であれば本ツールを使うのもいいかもしれません。
送付されてくるメールは以下の図のようなものです。
tool-introduction03

以上がツール紹介となります。
どのツールも利益を生むようなものではありませんが、現在のポジション状況を見やすくしたり、成績を把握したりとあると便利です。
実際に画面イメージや詳細説明を確認したい方は以下のイメージアイコンをクリックし、リンクを辿ってください。

viewPosition_log1

dashboard_log1

スポンサーリンク